んがお工房の桜めぐり


2018年桜追いおまけ

2018年は、春なのか夏なのか、冬なのか何なのか、季節がさっぱり安定せずに、ころころと変わるおかしな天候だった。
ということで、桜追いの我々もまともに桜を追うのをあきらめた感じがある。
主に遠征で桜を見る日を終えても、まだまだGWまで遅い桜を追いかける年もあるのだが、今年は早々に終了した。
そんな中、近場で八重桜でも見ようか、と2ヶ所ほど行ってみました。オマケでどうぞ。



弥彦の八重桜
4月22日。
弥彦神社の駐車場から神社に入る道の脇に桜園がある。
表の鳥居から入る道ではないので、
公共の小ツウ機関で来る人には
ちょっと分かりづらい場所かもしれない。
桜の植物園のようになっているので、
1本1本説明を見ながら歩くのも楽しい。

    
八重曙。法輪寺。


    
泰山府君。妹背。


    
鬱金。普賢像。


    
御衣黄、関山。
(一応プレートと花をなぞりましたが、
一致しているかどうか、ちょっと不安なので花の名前は信用しないでね。)

しばらく行っていないうちに、弥彦公園の近くに足湯などがある広場ができていた。

    

    




千曲川桜堤の八重桜並木
ゴールデンウィークの前半、4月30日に老母と姉をつれて温泉旅行。
姉のリクエストで桜が見たい、といことで選んだのが
長野県小布施の千曲川桜堤の八重桜並木だ。
例年、GWあたりに見頃なのだが、今年は咲くのがやや早かったようだ。
我々が行った時には散ってこそいなかったが、
色が褪せてちょっと葉っぱも出ていた。

    



全長4キロにわたる八重桜の桜並木で、
長野道小布施パーキングからもよく見える。
老母を連れていたのであまり歩けず、
一番端っこの桜を見ただけだ。
もっと林のようになっている場所も、
もっと色のよい場所もあるとは思うけどね。


2018年桜のもくじ

 
週末温泉族  んがお工房の日本百名滝めぐり  掲示板